File Download
Supplementary

Conference Paper: 初級後半における物語創作活動

Title初級後半における物語創作活動
Story-making Activities For Pre-intermediate Learners Of Japanese
Authors
Issue Date2013
Citation
The 9th International Symposium on Oral Proficiency Interview (OPI), Hong Kong, China, 2-3 November 2013. In the Proceedings of the 9th International Symposium on Oral Proficiency Interview, 2013 How to Cite?
Abstract初級の後半になると、語彙や文法知識もかなり蓄積され、日本語で様々なことを理解・ 表現する能力が備わってくるが、学習者によっては頭の中にある知識が発話や作文といっ たアウトプットに結びついていないように見受けられるケースもある。それには表現意欲 や不安といった情動的な要因も影響していると考えられる(Rod, 2012)。筆者は表現の自由 度を増すことによって意欲を引き出せないかと考え、短いストーリーを創作する活動を取 り入れてみた。その実践活動について報告する .....
DescriptionConference Theme: Japanese Language Proficiency in Asia: Learners’ Sociolinguistic Competence and Diversity in Practice
Oral Presentation
Persistent Identifierhttp://hdl.handle.net/10722/204967

 

DC FieldValueLanguage
dc.contributor.authorMito, Aen_US
dc.date.accessioned2014-09-20T01:16:36Z-
dc.date.available2014-09-20T01:16:36Z-
dc.date.issued2013en_US
dc.identifier.citationThe 9th International Symposium on Oral Proficiency Interview (OPI), Hong Kong, China, 2-3 November 2013. In the Proceedings of the 9th International Symposium on Oral Proficiency Interview, 2013en_US
dc.identifier.urihttp://hdl.handle.net/10722/204967-
dc.descriptionConference Theme: Japanese Language Proficiency in Asia: Learners’ Sociolinguistic Competence and Diversity in Practice-
dc.descriptionOral Presentation-
dc.description.abstract初級の後半になると、語彙や文法知識もかなり蓄積され、日本語で様々なことを理解・ 表現する能力が備わってくるが、学習者によっては頭の中にある知識が発話や作文といっ たアウトプットに結びついていないように見受けられるケースもある。それには表現意欲 や不安といった情動的な要因も影響していると考えられる(Rod, 2012)。筆者は表現の自由 度を増すことによって意欲を引き出せないかと考え、短いストーリーを創作する活動を取 り入れてみた。その実践活動について報告する .....-
dc.languagejpnen_US
dc.relation.ispartofProceedings of the 9th International Symposium on Oral Proficiency Interviewen_US
dc.rightsCreative Commons: Attribution 3.0 Hong Kong License-
dc.title初級後半における物語創作活動en_US
dc.titleStory-making Activities For Pre-intermediate Learners Of Japanese-
dc.typeConference_Paperen_US
dc.identifier.emailMito, A: mito@hku.hken_US
dc.description.naturepublished_or_final_version-
dc.identifier.hkuros235565en_US

Export via OAI-PMH Interface in XML Formats


OR


Export to Other Non-XML Formats